声を録音する準備をしよう!

ここからは実際に歌を録音する手順を説明していきます。
使っている機材やOS(Windows XPとかVISTAとか7とかMacとか)や、使うソフトによって設定は変わり、個別のケースでは設定がやや異なる事があるかもしれませんので、参考程度にご覧ください。

まずヘッドフォン(イヤホン)を接続

オーディオインターフェイスを使用しない場合はパソコンのオンボードデバイスのライン出力にヘッドフォンを接続します。
オーディオインターフェイスを使用するならインターフェイスのヘッドフォン端子にヘッドフォンを接続します。

オンボードサウンドデバイス

上図↑だと一番右の緑色の端子がライン出力です。

スピーカーから音を出してしまうと、マイクを接続した時にマイクがスピーカーから出た音を拾ってしまい、またスピーカーから出力される…というループ現象が起こることがあります。
それを避けるために先にスピーカーからは音が出ないようにしておきます。
(パソコンのラインアウト端子にイヤホンを挿せば自動的にスピーカーからは音がでなくなります)

会話用(パソコン用)マイクの接続方法

これは簡単です。
マイクに付いているケーブルの先っぽをパソコンのマイク入力端子(赤)に差し込むだけです。

オンボードサウンドデバイス

会話用マイクの先端は上↑のようなステレオミニという形状ですので、そのままパソコンに差し込めます。

マイクをパソコンに接続する場合、パソコンからの音声出力はオフ(ミュート)にした状態で行ってください。
出力がオンのままだとスピーカー等を傷める可能性があります。

プロ用マイクの接続方法

この場合はパソコンに直接マイクを接続するのではなく、オーディオインターフェイスを経由することになります。
そのためまずはオーディオインターフェイスをパソコンに接続する必要があります。
オーディオインターフェイスとパソコンとをUSBで接続だけで使えるようになる製品もありますが、多くの製品は接続する前にドライバをインストールする必要があります。
ドライバとは、外部機器をパソコンが認識出来るようにするためのプログラムです。

インストールの手順は機材ごとに異なるのでここでは説明できません。
付属の説明書を読みながら行えばそれほど難しいことではないと思います。
ドライバは大抵CDで付属していますが、メーカーサイトから最新版をダウンロードできることもありますのでチェックしてみてください。

無事オーディオインターフェイスとパソコンとの接続が出来たら、マイクとインターフェイスとの接続です。
接続する前にインプットツマミが最小になっていることと、ファンタム電源対応の製品ではファンタムがオフになっていることを確認してください。
(どれがインプットツマミでどれがファンタム電源のスイッチかは説明書に書いてあると思います)

マイクのお尻の部分にマイク接続端子があります。
ここにマイクケーブルの先端を接続します。
向きはまず迷うことはありません。

ケーブルのもう一方の先端をオーディオインターフェイスのマイク接続端子に接続します。
マイク入力端子が複数ある場合は「L」とか「Ch1」と書かれているところに接続してください。
XLR端子

カチッと音がするまで差し込んでください。
ファンタム電源のスイッチはまだ入れないでください。

ケーブルは誤って抜けないように固定されていますので、抜くときは無理やり引っ張らずに、マイク差込口にある取り外しボタンを押しながら抜いてください。
ケーブルを抜く場合はインプットの音量が最小になっていることと、ファンタム電源がオフになっていることを確認してから抜いてください。

これで準備は完了です。

スポンサードリンク