オーディオインターフェイスの意味・必要性

プロ用マイクを使用するのにはオーディオインターフェイスが必要と説明してきました。
まずはパソコンにどうやってマイクを接続するのかを説明します。

パソコンの音の出入り口

パソコンには普通「ライン出力」「ライン入力」「マイク入力」の3つの端子が最初から付いています。
機種によってはライン入力とマイク入力が兼用(一緒)になっているものもあります。
↓こんな感じのヤツ

オンボードサウンドデバイス

これは「オンボードサウンドデバイス」といいます。
今使っているパソコンの正面や裏側、ノートパソコンなら前面、側面あたりにあると思うので探してみてください。

パソコン機種によっては並び順が違うかもしれませんが、「赤」がマイク入力端子、「青」がライン入力端子、「緑」がライン出力端子です。
ライン入力とマイク入力が兼用のタイプは青色がなくて赤(ライン/マイク入力)と緑(ライン出力)の2つです。

接続するプラグはイヤホンなどでよく見られるステレオミニプラグというタイプです。
スカイプ用などの会話用マイクはこのステレオミニプラグですので、ケーブルの先を赤の接続端子に接続するだけでパソコンに音が入力されます。
(製品によってはUSBタイプの会話用マイクもあります)
(録音するにはパソコン側の設定が必要です)
↓ステレオミニプラグ

プロ用のマイクが対応しているマイク端子はXLR(またはキャノンとも言う)というタイプで、普通のパソコンにはそのまま接続することは出来ません。
変換プラグ等で無理やり接続しても規格自体が違うので壊れるかもしれません。
↓XLRケーブル

そこで必要になるのがXLR入力端子を搭載したオーディオインターフェイスです。

オーディオインターフェイスの役割

難しそうな名前の機械ですが、なんてことはありません。
「オーディオ」は音という意味です。
「インターフェイス」は入口と出口という意味です。

要するにパソコンに最初から付いている端子と機能的には同じです。
プロ用マイクをパソコンに接続するために、マイクとパソコンとの間に挟む感じです。

オーディオインターフェイスとパソコンとは大抵USBケーブルで接続されます。
最近のパソコンではUSB端子がないパソコンのほうが珍しいですから、まず心配することはありません。
USBケーブルには2タイプありますが、大抵のオーディオインターフェイスには最初から付属していますので別途購入する必要はありません。

ファンタム電源

オーディオインターフェイスはXLR接続のプロ用マイクをパソコンに接続するために必要ですが、それ以外にもいくつか重要な機能があります。
そのひとつがファンタム電源です。

ダイナミックマイクとコンデンサマイクの2種類があると説明しましたが、実はコンデンサマイクは使用するのに電源が必要になります。
電池が内臓されているタイプもありますが、普通はファンタム電源で電気を供給します。
電流はマイクケーブルを伝わっていきます。

ファンタム電源に対応したオーディオインターフェイスであればコンデンサマイクを使用することが出来ます。
逆にファンタム電源を搭載していないオーディオインターフェイスはコンデンサマイクを使用することは出来ません。
(ダイナミックマイクは使用できます。)

将来的にコンデンサマイクを使用する予定があるのならファンタム電源対応の製品がいいでしょう。
とはいえ、よほど安いものでなければファンタムに対応しているものがほとんどです。

ASIO対応

もうひとつ大事なのがASIOという規格に対応していることです。
ASIOとはオーディオドライバの規格で、ASIO対応の録音ソフトとオーディオインターフェイスを組み合わせると高音質かつ低レイテンシで録音が可能になります。

レイテンシとは、パソコンで録音する場合は処理の都合上どうしてもある程度音が遅れて録音/再生されてしまいます。
この音の遅れをレイテンシ(遅延)といいます。
ASIOを使えばこの遅延をかなり低く抑えることが可能になります。

このサイトで紹介しているAudacityというソフトはASIOには対応していませんので、Audacityを使う場合にはあまり重要ではありません。
しかし将来的に録音ソフトを変える場合などはASIO対応のほうが都合がいいですし、インターフェイスによってはASIO対応のソフトが付属しているものも結構あります。

またWindowsの場合はほとんどの場合でASIOですが、Macでは「Core Audio」という規格が良く使われます。

「オーディオインターフェイス」という名前に注意

上にも書きましたが、オーディオインターフェイスの意味は音の出入り口という意味です。
なのでパソコンについている録音端子もいちおうオーディオインターフェイスの一種になります。

電器屋やネットショップなどで売られている「オーディオインターフェイス」には、ステレオミニプラグを接続するタイプの製品もあります。

これらは名前はオーディオインターフェイスですが、プロ用のマイクは接続することが出来ないので注意してください。
こういった製品は最初に紹介した「会話用マイク」をより良い音で録音したり、パソコンの再生音を高音質にするために使われます。
対応しているマイクの接続端子をきちんと確認しましょう。

スポンサードリンク